一般社団法人の公告方法についてのQ&A

一般社団法人の公告方法について詳しく教えてください。

公告は、社員その他の利害関係人にとって影響を与える事項に関して要求されるものであり、社員その他の利害関係人に対して、公告の方法は十分に周知させておく必要があります。このことから、一般社団法人の「公告方法」は、定款の絶対的記載事項であり、登記事項でもあるのです。

一般社団法人は、その公告方法として、次のいずれかの方法を選択しなければなりません。

<一般社団法人の公告方法の種類>

  1. 官報に掲載する方法
  2. 時事に関する事項を掲載する日刊新聞紙に掲載する方法
  3. 電子公告
  4. 当該一般社団法人の主たる事務所の公衆の見やすい場所に掲示する方法

※なお4の方法による場合は、「貸借対照表の公告:当該公告の開始後1年を経過する日まで」「吸収合併の効果発生日を変更した場合における公告:原則として効力発生日まで」それぞれ、継続して行わなければなりせん。

-スポンサードリンク-

モヨリック行政書士合同事務所では、お客様それぞれのニーズに合わせた各種ご相談を承っております。まずはスタッフまでお気軽にご相談下さい。

ご購入者様200名突破。自分でできる一般社団・財団法人設立キット販売中

自分で出来る!一般社団法人設立キット

「少しでも費用を抑えて一般社団・財団法人を設立したい!」

とお考えの方は、詳細マニュアル付きの穴埋め式書式集(キット)をお勧めいたします。一般社団・財団法人設立キット(書式集)には『手続き解説書』をお付けしておりますので、どのような方でも、ごく簡単に設立に必要な書類を作成いただけます。

書式を埋めていくだけ完璧な書類が出来上がり、作業も簡単に終わります。
あなた様の費やす手間・費用・労力を最小限に抑えられます。

これまで一般の方200名以上がご購入されましたが、皆様ご自身の力のみで手続きを完了されており、手続きが終わらなかったお客様は一人もいらっしゃいません。どうぞご安心ください。(制作者:モヨリック行政書士合同事務所・行政書士法人ウィズネス)

お問い合わせはこちらから