一般社団法人設立に関するQ&A

一般社団法人とは何ですか?

一般社団法人とは、「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」に基づいて設立された社団法人のことを言います。一般社団法人は、設立の登記をすることによって成立する法人です。


一般社団法人の名称にはどのようなものが使えますか?

一般社団法人は、それぞれの名称中に「一般社団法人」という文字を用いなければなりません。 たとえば、「○○○一般社団法人」や「△△一般社団法人」といった具合にです。なお、「一般社団○○法人」というような名称は認められません。


一般社団法人の社員には個人ではなく「法人」でもなれますか?

一般社団法人の社員には法人でもなれます。


役員には誰でもなれるのですか?

理事や監事は基本的には誰でもなれますが、法人や成年後見人・被保佐人等はなれません。


一般社団法人の定款には、どのようなことを記載しなければならないのですか?

一般社団法人の定款には、次に掲げる事項を記載しなければならないこととされています。

  1. 目的
  2. 名称
  3. 主たる事務所の所在地
  4. 設立時社員の氏名又は名称及び住所
  5. 社員の資格の得喪に関する規定
  6. 公告方法
  7. 事業年度

※このほか、監事や理事会、会計監査人を置く場合にもその旨の定款の定めが必要です。


一般社団法人の定款に記載しても効力を有しないこととされている事項はありますか?

次の1~3までの事項は一般社団法人の定款に記載しても効力を有しないこととされています。また、これ以外の定めについても強行法規や公序良俗に反する定款の定めが無効となる場合があります。

  1. 一般社団法人の社員に剰余金又は残余財産の分配を受ける権利を与える旨の定款の定め
  2. 法の規定により社員総会の決議を必要とする事項について、理事、理事会その他の社員総会以外の機関が決定することができることを内容とする定款の定め
  3. 社員総会において決議をする事項の全部につき社員が議決権を行使することができない旨の定款の定め

※注意事項※
社員に剰余金または残余財産の分配を受ける権利を与える旨の定款の定めは無効です。

-スポンサードリンク-

モヨリック行政書士合同事務所では、お客様それぞれのニーズに合わせた各種ご相談を承っております。まずはスタッフまでお気軽にご相談下さい。

ご購入者様200名突破。自分でできる一般社団・財団法人設立キット販売中

自分で出来る!一般社団法人設立キット

「少しでも費用を抑えて一般社団・財団法人を設立したい!」

とお考えの方は、詳細マニュアル付きの穴埋め式書式集(キット)をお勧めいたします。一般社団・財団法人設立キット(書式集)には『手続き解説書』をお付けしておりますので、どのような方でも、ごく簡単に設立に必要な書類を作成いただけます。

書式を埋めていくだけ完璧な書類が出来上がり、作業も簡単に終わります。
あなた様の費やす手間・費用・労力を最小限に抑えられます。

これまで一般の方200名以上がご購入されましたが、皆様ご自身の力のみで手続きを完了されており、手続きが終わらなかったお客様は一人もいらっしゃいません。どうぞご安心ください。(制作者:モヨリック行政書士合同事務所・行政書士法人ウィズネス)

お問い合わせはこちらから