公益法人の移行認定について

移行の申請

現行の公益法人は、公益法人改革3法の施行日である平成20年12月1日から平成25年11月30日の5年間を移行期間とし、公益社団法人・公益財団法人への移行の認定の申請または一般社団法人・一般財団法人への移行の認可の申請をする必要があります。

申請先は、公益目的事業の活動区域やそれに係る事務所の所在地が複数の都道府県で行うことが明らかである場合等には「内閣総理大臣」、一つの都道府県にとどまる場合には「各都道府県知事」となります。

特例民法法人

移行期間の末日までに暫定的に設けられている特例民法法人については、移行するまでに公益社団法人・公益財団法人または一般社団法人・一般財団法人への認定・認可を受けるために準備を進めていく必要があります。

移行期間中に移行しない場合

移行期間の末日までに、移行が認められなかった法人や移行の申請をしなかった法人は、移行期間の末日に「解散」したものとしてみなされます。

ただし、移行期間の末日においてすでに申請を行っており審査中である場合には特例民法法人として取り扱われ、認められなかったときに解散したものとしてみなされます。

各種移行申請の流れ

-スポンサードリンク-

モヨリック行政書士合同事務所では、お客様それぞれのニーズに合わせた各種ご相談を承っております。まずはスタッフまでお気軽にご相談下さい。

ご購入者様200名突破。自分でできる一般社団・財団法人設立キット販売中

自分で出来る!一般社団法人設立キット

「少しでも費用を抑えて一般社団・財団法人を設立したい!」

とお考えの方は、詳細マニュアル付きの穴埋め式書式集(キット)をお勧めいたします。一般社団・財団法人設立キット(書式集)には『手続き解説書』をお付けしておりますので、どのような方でも、ごく簡単に設立に必要な書類を作成いただけます。

書式を埋めていくだけ完璧な書類が出来上がり、作業も簡単に終わります。
あなた様の費やす手間・費用・労力を最小限に抑えられます。

これまで一般の方200名以上がご購入されましたが、皆様ご自身の力のみで手続きを完了されており、手続きが終わらなかったお客様は一人もいらっしゃいません。どうぞご安心ください。(制作者:モヨリック行政書士合同事務所・行政書士法人ウィズネス)

お問い合わせはこちらから