公益法人等が新たに収益事業を開始した場合の届出等

公益法人等が新たに収益事業を開始した場合には、収益事業を開始したことにより、その収益事業の所得に対する法人税が課されることになります。

この場合にも、その事業年度の課税関係が変化するため、それに対応して次の規定を適用することになります。

①みなし事業年度

  • 収益事業を開始した日からその事業年度終了の日までの期間

②収益事業開始による届出・申請

公益法人等が新たに収益事業を開始した場合には、次の届出・申請を行うことになります。


(1)次の届出は、収益事業を開始した日以後2ヵ月以内に行います。

  • 事業年度の届出(法令及び定款等に会計期間の定めがない法人)
  • 納税地の届出

※納税地の届出は必ず行うことになります。事業年度の届出を行わない場合には、税務署長が指定した期間となります。


(2)次の申請は、収益事業開始の日以後3ヶ月を経過した日と事業年度終了の日とのいずれか早い日の前日までに行います。

  • 青色申告の承認申請(収益事業を開始した事業年度から青色申告書を提出する法人)

(3)次の届出は、収益事業開始した事業年度の確定申告期限までに行います。

  1. 棚卸資産の期末評価方法
  2. 減価償却資産の償却方法
  3. 有価証券の一単位当たりの帳簿価額の算出方法(その有価証券が収益事業に属することとなった場合)
  4. 外貨建資産等の期末換算方法(その有する外貨建資産等が収益事業に属することとなった場合

-スポンサードリンク-

モヨリック行政書士合同事務所では、お客様それぞれのニーズに合わせた各種ご相談を承っております。まずはスタッフまでお気軽にご相談下さい。

ご購入者様200名突破。自分でできる一般社団・財団法人設立キット販売中

自分で出来る!一般社団法人設立キット

「少しでも費用を抑えて一般社団・財団法人を設立したい!」

とお考えの方は、詳細マニュアル付きの穴埋め式書式集(キット)をお勧めいたします。一般社団・財団法人設立キット(書式集)には『手続き解説書』をお付けしておりますので、どのような方でも、ごく簡単に設立に必要な書類を作成いただけます。

書式を埋めていくだけ完璧な書類が出来上がり、作業も簡単に終わります。
あなた様の費やす手間・費用・労力を最小限に抑えられます。

これまで一般の方200名以上がご購入されましたが、皆様ご自身の力のみで手続きを完了されており、手続きが終わらなかったお客様は一人もいらっしゃいません。どうぞご安心ください。(制作者:モヨリック行政書士合同事務所・行政書士法人ウィズネス)

お問い合わせはこちらから