一般財団法人のメリット・デメリット

そもそも一般財団法人とは?一般社団法人とは何がどう違う?

一般社団法人は社員(人)が集まって活動することに重点が置かれた法人ですが、一般財団法人は個人や法人からの寄付などによって拠出された「財産」を運用することで活動していく法人です。

拠出される財産は「物」であることが多く、財産を運用して事業を行うことを誰かに任せたいといった場合に、一般財団法人を設立することで財産から生じる利益で事業を行うことができます。

例えば、美術館の多くは「財団法人」です。

財産は「物」でなくともお金でも構いませんが、最低300万円以上の財産を用意しなければ設立することができず、また、財産に重点が置かれているため、2期連続純資産額が300万円未満となった場合は解散することになるのが一般財団法人の特徴です。

かつては公益性が求められ主務官庁の許可を受けなければ設立できませんでしたが、現在では法律に定められた要件を満たせば、登記だけで誰でも設立することができるようになっています。

では、一般財団法人を設立することのメリットやデメリットは、どのようなものがあるか見ていきましょう。

<メリット>

  • 設立者(財産を拠出する人)は1名でよく、役員と兼任できる
  • 事業目的は公益目的である必要はない
  • 基本的にどのような事業でも自由に行うことができる
  • 設立するのに行政庁等から許可を受ける必要はない
  • 設立後も監督庁がなく、事業報告の義務等もない
  • 法人名義で銀行口座を開設したり、法人名義で財産を所有できる
  • 公益認定を受けることで公益財団法人になることができる
  • 非営利型に該当すると税制上の優遇を受けられる

<デメリット>

  • 300万円以上の財産を用意しなければならない
  • 最低でも7名(理事3名・評議員3名・監事1名)の人員を確保しなければならない
  • 赤字であっても法人住民税を払う必要がある(最低年7万円)
  • 最低2年に一度は理事の重任登記をしなければならない
  • 拠出された財産が滅失等により事業ができなくなった場合は解散する
  • 2期連続純資産額が300万円未満になった場合は解散する

一般財団法人の設立に際しては、上記のメリット・デメリットの考慮に加えて、一般社団法人との比較もまた必要になります。

一般財団法人ではなく、一般社団法人で運営した方が良い事業形態もありますので、迷った場合は専門家への相談も検討しましょう。

また、こちらの記事も合わせて参考にして頂ければと思います。

ご購入者様350名突破。自分でできる一般社団・財団法人設立キット販売中

自分で出来る!一般社団法人設立キット

「少しでも費用を抑えて一般社団・財団法人を設立したい!」

とお考えの方は、詳細マニュアル付きの穴埋め式書式集(キット)をお勧めいたします。一般社団・財団法人設立キット(書式集)には『手続き解説書』をお付けしておりますので、どのような方でも、ごく簡単に設立に必要な書類を作成いただけます。

書式を埋めていくだけ完璧な書類が出来上がり、作業も簡単に終わります。
あなた様の費やす手間・費用・労力を最小限に抑えられます。

これまで一般の方350名以上(2017年2月時点)がご購入されましたが、皆様ご自身の力のみで手続きを完了されており、手続きが終わらなかったお客様は一人もいらっしゃいません。どうぞご安心ください。(制作者:モヨリック行政書士合同事務所・行政書士法人ウィズネス)

モヨリック行政書士合同事務所では、お客様それぞれのニーズに合わせた各種ご相談を承っております。まずはスタッフまでお気軽にご相談下さい。

-スポンサードリンク-

Facebookページも更新中。いいねを押して最新情報をチェック!

融資を断られた方でも資金調達可能。「ファクタリング」をご存じですか?

融資を断られても大丈夫。売掛金があれば最短即日でのつなぎ資金の調達が可能。

無担保・無保証。赤字決算でも債務超過でも構いません。資金繰りが改善するから金融機関の信用力もアップ!利用事業所数10,000社超。

売掛金を100万円以上お持ちで、事業用資金の調達を行うなら、まずは10秒カンタン無料診断。

※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

お問い合わせはこちらから