一般社団法人の印鑑カードを紛失してしまった場合の手続き

法務局で再発行の手続きが必要

一般社団法人の印鑑カードを紛失した場合は、法務局で再発行の手続きを行えば、新しい印鑑カードが交付されます。

法人の印鑑証明書を発行するには、必ず印鑑カードが必要です。

印鑑カードがなければ、たとえ代表理事であっても印鑑証明書は発行できませんので、もし紛失してしまった場合は、すみやかに再発行の手続きを行うようにしましょう。

<印鑑カード再発行に必要なもの>

  1. 印鑑・印鑑カード廃止届
  2. 印鑑カード交付申請書
  3. 法人実印
  4. 代表理事の身分証明書(運転免許証等)

1、2の申請書は、法務局の窓口または法務省のウェブサイトからダウンロードして入手できますので、代表理事が法人実印を法務局へ持参すれば、その場で再発行できます。

代表理事ではなく、代理人が手続きを行う場合は、窓口へ行く人の身分証明書(運転免許証等)を持参します。また、印鑑カード廃止届と印鑑カード交付申請書の委任状の欄に必要事項を記載して、法人実印で押印が必要です。

印鑑カードが破損したり、読み取りができなくなってしまった場合も同様の手続きを行うことで再発行できます。

印鑑カードの再発行は、主たる事務所を管轄する法務局でしか手続きが行えませんので、必ず管轄の法務局において手続きを行ってください。

印鑑カード再発行にかかる手数料は、無料です。

関連:一般社団法人の法人実印を失くした、割れてしまった、印影を変更したい場合の手続き

モヨリックの法人印セット販売のご案内。最短即日発送も可能です!

法人印セット

当事務所でも一般社団法人の法人実印・法人印セットを販売しております。

登記に必要な法人実印のみの販売から、角印、ゴム印がセットになったオトクな三本セットまで、多くのラインナップをご用意しております。

最短即日発送で、お値段も5,800円~と、お買い求めいただきやすい金額です。お急ぎの方、価格を抑えて良質の印鑑を欲しいという方は、是非ご利用ください。

行政書士法人MOYORICの法人印作成サービス

法人設立のお申し込みはこちら

法人設立のお申し込みはこちら

インターネットからのお申し込みはこちら

こちらのお問い合わせは「サービスのお申し込み」および「サービス内容についてのご質問」のみに限らせて頂きます。
一般社団法人や非営利法人制度等に関する一般的なご質問、ご相談にはお答えできかねますので、予めご了承ください。

ご購入者様450名突破。自分でできる一般社団・財団法人設立キット販売中

自分で出来る!一般社団法人設立キット

「少しでも費用を抑えて一般社団・財団法人を設立したい!」

とお考えの方は、詳細マニュアル付きの穴埋め式書式集(キット)をお勧めいたします。一般社団・財団法人設立キット(書式集)には『手続き解説書』をお付けしておりますので、どのような方でも、ごく簡単に設立に必要な書類を作成いただけます。

書式を埋めていくだけ完璧な書類が出来上がり、作業も簡単に終わります。
あなた様の費やす手間・費用・労力を最小限に抑えられます。

これまで一般の方450名以上(2019年2月時点)がご購入されましたが、皆様ご自身の力のみで手続きを完了されており、手続きが終わらなかったお客様は一人もいらっしゃいません。どうぞご安心ください。(制作者:行政書士法人MOYORIC・行政書士法人ウィズネス)

行政書士法人MOYORIC(モヨリック)では、お客様それぞれのニーズに合わせた各種ご相談を承っております。東京事務所にて無料面談相談も実施しております(要事前予約)。まずはスタッフまでお気軽にご相談下さい。03-6328-1989

Facebookページも更新中。いいねを押して最新情報をチェック!

お問い合わせはこちらから