一般社団法人を設立する為に必要となる費用(法定費用)

一般社団法人を設立するためには、必ずかかる2つの費用(法定費用)があります。

1.公証役場へ支払う手数料

公証役場では一般社団法人の定款を作成(認証)しますが、その際に公証役場へ支払う定款認証手数料が50,000円かかります。

また、定款謄本の取得代金が2,000円程度ですので、合計52,000円になります。

2.法務局へ支払う登録免許税

法務局へは一般社団法人の登記申請を行いますが、その際に登録免許税60,000円を収入印紙で納めます。

1+2の合計112,000円が総費用です。

この費用は誰が設立しても、必ずかかります。もし、法定費用が無料だというサービスを打ち出している士業事務所や民間企業があれば、それは誰かが立て替えて支払っている可能性があります。

その他の費用

その他の設立に伴う費用としては、次のようなものがあります。

  • 法人印鑑の作成代金:数千円から数万円
  • 法人設立後の登記簿謄本取得代金:1通600円
  • 法人設立後の印鑑証明書取得代金:1通450円

法人の印鑑は、法務局へ登録する一般社団法人の印鑑(実印)です。ネットショップで気軽に購入できますので、登記申請を行う前に用意しておきましょう。

参考:設立に必要となる法人の実印について

材質にもよりますが、単品だと5,000円程度、3本セットだと15,000円前後の価格帯が多いようです。

ネットショップになると、価格はピンきりですが、あまりに安いものだと材質が粗悪でキャップが開かなくなる、数回押しただけで陰影が欠けるなどの不良品を掴まされてしまう可能性があります。

リアル店舗であれば実際に手にとって材質や質感を確かめられるので、その心配はないと思います。

弊社でも法人実印の販売を行っておりますので、ご入用の際はぜひご利用ください。

参考:行政書士法人モヨリックの法人実印作成サービス

一般社団法人設立後は、銀行口座の開設や税務署等へ手続きする際に登記簿謄本(履歴事項全部証明書)や法人印鑑証明書が必要になる場面がありますので、設立後に何通か取得しておくとよいでしょう。

設立費用を一覧にすると下記のようになります。

法定費用 定款認証手数料 50,000円
法定費用 定款謄本取得代金 2,000円
法定費用 登録免許税 60,000円
その他費用 法人印鑑作成代金 3本セット 15,000円
その他費用 登記簿謄本取得代金 2通 1,200円
その他費用 印鑑証明書取得代金 2通 900円
-合計- 129,100円

およそ13万円あれば、一般社団法人を設立することができます。

上記費用はご自身でお手続きされた場合にかかる費用です。もし、設立を専門家に依頼する場合は、別途専門家への依頼料がかかります。

法人設立のお申し込みはこちら

ご購入者様600名突破。自分でできる一般社団・財団法人設立キット販売中

自分で出来る!一般社団法人設立キット

「少しでも費用を抑えて一般社団・財団法人を設立したい!」

とお考えの方は、詳細マニュアル付きの穴埋め式書式集(キット)をお勧めいたします。一般社団・財団法人設立キット(書式集)には『手続き解説書』をお付けしておりますので、どのような方でも、ごく簡単に設立に必要な書類を作成いただけます。

書式を埋めていくだけで完璧な書類が出来上がり、作業も簡単に終わります。
あなた様の費やす手間・費用・労力を最小限に抑えられます。

今なら、一般社団法人基金設置キット、非営利型&公益社団法人キットもプレゼント中(一般社団法人設立キットのみの特典です)。

これまで一般の方600名以上(2019年11月時点)がご購入されましたが、皆様ご自身の力のみで手続きを完了されており、手続きが終わらなかったお客様は一人もいらっしゃいません。どうぞご安心ください。(制作者:行政書士法人MOYORIC・行政書士法人ウィズネス)

行政書士法人MOYORIC(モヨリック)では、お客様それぞれのニーズに合わせた各種ご相談を承っております。東京事務所にて無料面談相談も実施しております(要事前予約)。まずはスタッフまでお気軽にご相談下さい。03-6328-1989

お問い合わせはこちらから